NIVの基礎知識(※)開始時期

  • 2020.10.25 Sunday
  • 09:00

基礎知識シリーズの目次

 

ALSでNIVを使用する目的は「仝撞杁’従祿欧砲茲訃評の改善」のみではなく「∪弧人集紊留篦后QOLの改善」です。

「仝撞杁’従祿欧砲茲訃評の改善」の場合、呼吸症状が出てからNIVを導入することになりますが、「∪弧人集紊留篦后QOLの改善」を期待する場合、呼吸症状が出る前にNIVを導入することになります。 

 

NIVの最適なタイミングに関する明確なエビデンスはありませんが、最近の研究から一般的に補助呼吸(NIV)は早期に開始することが提案されています。いくつかのガイドラインでは呼吸機能検査で%FVC 80%未満、MIP 60H2O 未満、pCO2 45mmHg以上を指標とし、 遅くとも呼吸障害に関連した臨床症状が認められた時点で開始することが提案されています(表1)[1]。呼吸症状に関連した臨床症状は(表2)に示します[2]。

NIVの導入時期について,前回(2013年版)のガイドラインでも早期に導入することが提案されていました。当時は%FVCが65%未満とされていましたが、それ以降の研究で早期導入は%FVCが80%未満とされてきています。また%FVCが80%以上でも夜間(睡眠時)低酸素、高二酸化炭素血症を認めることが指摘されています。%FVCが80%以上で導入した群の方が、80%未満で導入した群より診断から死亡までの期間が長く(31.3ヵ月 vs 27.5ヵ月)、3年目の死亡率が低い(35.0% vs 52.7%)との報告があります[3]。

%FVCが80%以上の例で行われた無作為化された研究では、NIV導入群・偽NIV導入群では生存期間(※診断から死亡までの期間)に差はありませんでしたが、NIV導入群の方が1か月あたりの%FVC低下率が低かったとの報告があります[4]。

呼吸症状のない時期のNIV導入はアドヒアランス不良との報告が多かったが、最近の研究では時期によらないと報告されています[5]。

入院、外来のいずれで行っても導入成功率に差はなかったとの報告もありますが[6]、初期の設定調整に3-5日が必要であると報告されており、導入は入院して行うことが現実的と考えられます[7]。

NIV開始時期

呼吸症状

参考文献

[1]Dorst J, Ludolph AC. Non-invasive ventilation in amyotrophic lateral sclerosis. Ther Adv Neurol Disord. 2019;12:1756286419857040. Published 2019 Jun 21. doi:10.1177/1756286419857040

[2]Braun AT, Caballero-Eraso C, Lechtzin N. Amyotrophic Lateral Sclerosis and the Respiratory System. Clin Chest Med. 2018;39(2):391-400. doi:10.1016/j.ccm.2018.01.003

[3]Vitacca M, Montini A, Lunetta C, et al. Impact of an early respiratory care programme with non-invasive ventilation adaptation in patients with amyotrophic lateral sclerosis. Eur J Neurol . 2018 Mar;25(3):556-e33.

[4]Jacobs TL, Brown DL, Baek J, et al. Trial of early noninvasive ventilation for ALS: A pilot placebo-controlled study. Neurology . 2016 Nov 1;87(18):1878-1883.

[5]Vitacca M et al. Does timing of initiation influence acceptance and adherence to NIV in patients with ALS?. Pulmonology . Jan-Feb 2020;26(1):45-48.

[6]Bertella E, Banfi P, Paneroni M, Grilli S, Bianchi L, Vol-pato E, et al. Early initiation of nighttime NIV in anoutpatient setting. A randomized non inferiority study inALS patients. Eur J Phys Rehabil Med. 2017;53:892---9

[7]Gonzalez-Bermejo J, Morelot-Panzini C, Arnol N, Meininger V, Kraoua S, Salachas F, Similowski T. Prognostic value of efficiently correcting nocturnal desaturations after one month of noninvasive ventilation in amyotrophic lateral sclerosis: a retrospective monocentre observational cohort study. Amyotroph. Lateral Scler. Frontotemporal Degener. 2013; 14: 373–9.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM