咳嗽の基礎知識

  • 2020.10.17 Saturday
  • 09:00

基礎知識シリーズの目次

 

気道分泌物は通常、下気道から咽頭へと気流と粘膜エスカレーターメカニズム( mucociliary escalator mechanism)によって輸送される[1]。より中枢側の気道からの気道分泌物を喀出するために効果的な咳嗽は不可欠である [2]。

 

効果的な咳をするためには、まず十分に深く息を吸い込む必要があります。胸腔内の圧力を上げるためには喉頭蓋を短く閉じておく必要があり、その後、胸筋と腹筋を収縮(胸腔内圧を80mmHg以上に加圧する)と一緒に呼気性の喉頭蓋が開き、空気が強制的に排出されます[3]。当院で実施した健常成人を対象とした実験では、huffingのピークフローはcoughingの1/3〜1/2程度となっていた。(※z)

球麻痺のための喉頭閉鎖不全、気管切開を行っているなどの理由でスタッキングが出来ない場合、吸気筋(and/or)呼気筋の筋力低下がある場合は咳嗽は弱くなります。[4]

 

咳嗽の強さの評価は、通常ピークカフフロー(Peak Cough Flow/PCF)で測定されます。

[カフピークフロー(Cough Peak Flow/CPF)と記載されていることがありますが同じものです。最近でもPCF、CPFどちらの表記が用いられていますが、PCFと表記しているものの方が多いです。]

PCFを測定するためのデバイスは多数ありますが、在宅では喘息患者でピークフローを測定するための携帯型ピークフローメーターが多く用いられます。。

一般的に使用されているデータでは、健常成人では360-840L/分とされています[5]。160L/分以上であれば感染症を伴わない時の気道分泌物は喀出できると考えられています[6]。感染症などで分泌物の量・粘稠度が増加した場合には270-300L/分を超えるPCFが必要とされています[7]。

ALS患者では、気道感染症がない場合、166L/分以上が[8]、気道感染症時には255L/分が必要と報告されており[9]、他疾患と大きな差はありませんでした(※z)。

 

[1] Fink JB. Forced expiratory technique, directed cough, and autogenic drainage. Respir Care. 2007 Sep;52(9):1210-21; discussion 1221-3. PMID: 17716387.

[2]  Zahm JM, King M, Duvivier C, Pierrot D, Girod S, Puchelle E. Role of simulated repetitive coughing in mucus clearance. Eur Respir J. 1991 Mar;4(3):311-5. PMID: 1864345.

[3] Leith DE. The development of cough. Am Rev Respir Dis. 1985 May;131(5):S39-42. doi: 10.1164/arrd.1985.131.S5.S39. PMID: 4003907

[4] Chatwin M, Toussaint M, Gonçalves MR, Sheers N, Mellies U, Gonzales-Bermejo J, Sancho J, Fauroux B, Andersen T, Hov B, Nygren-Bonnier M, Lacombe M, Pernet K, Kampelmacher M, Devaux C, Kinnett K, Sheehan D, Rao F, Villanova M, Berlowitz D, Morrow BM. Airway clearance techniques in neuromuscular disorders: A state of the art review. Respir Med. 2018 Mar;136:98-110. doi: 10.1016/j.rmed.2018.01.012. Epub 2018 Feb 6. PMID: 29501255.

[5]  LEINER GC, ABRAMOWITZ S, SMALL MJ, STENBY VB, LEWIS WA. EXPIRATORY PEAK FLOW RATE. STANDARD VALUES FOR NORMAL SUBJECTS. USE AS A CLINICAL TEST OF VENTILATORY FUNCTION. Am Rev Respir Dis. 1963 Nov;88:644-51. doi: 10.1164/arrd.1963.88.5.644. PMID: 14082677.

[6] Bach JR, Saporito LR. Criteria for extubation and tracheostomy tube removal for patients with ventilatory failure. A different approach to weaning. Chest. 1996 Dec;110(6):1566-71. doi: 10.1378/chest.110.6.1566. PMID: 8989078.

[7]J.R. Bach, Y. Ishikawa, H. Kim, Prevention of pulmonary morbidity for patients with Duchenne muscular dystrophy, Chest 112 (4) (1997) 1024–1028.

[8] Sancho J, Servera E, Bañuls P, Marín J. Effectiveness of assisted and unassisted cough capacity in amyotrophic lateral sclerosis patients. Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener. 2017 Nov;18(7-8):498-504. doi: 10.1080/21678421.2017.1335324. Epub 2017 Jun 9. PMID: 28597697.

[9] Sancho J, Servera E, Díaz J, Marín J. Predictors of ineffective cough during a chest infection in patients with stable amyotrophic lateral sclerosis. Am J Respir Crit Care Med. 2007 Jun 15;175(12):1266-71. doi: 10.1164/rccm.200612-1841OC. Epub 2007 Apr 5. PMID: 17413124

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM