ALS患者に対するラジカット(エダラボン)療法

  • 2015.09.27 Sunday
  • 18:13
平成27年6月26日、脳梗塞の治療薬として使用されてきたラジカット(エダラボン)がALSに対して効能追加されました。

用量・用法は田辺三菱製薬のHP ラジカット(エダラボン)を参照してください。

最近、近隣の在宅医よりラジカット導入を依頼されるケースが何件かありましたので、
実施にあたって、注意すべき点を書き連ねていきたいと思います。
治験で効果が明らかであったのは、
―転錨拱類 1もしくは2(下記)
発症から2年以内
%FVC 80%以上
ALSFRS-R すべての項目が2点以上
E
l Escorial診断基準でdefiniteもしくはprobable
のすべてを満たしている群のみです。

また重症度「2」よりは「1」、発症から「1〜2年」よりは「1年未満」がより効果が高かったとされています。
しかし、今回の適応では重症度などによる使用制限はかけられておらず、すべてのALS患者に使用できることにはなっています。

なので、上記に当てはまらないALS患者に使用する場合、開始前には
「効果がはっきりしていない(ただし、評価されていないので効かないという証拠もない)」
「長期使用例がないので、長期的には効果があるかどうかわからない(これは、これに効果が認められた群も同様)」
「○○の時期になれば、中止する必要がある」
等を説明しておく必要があると考えています。

また、投与方法がすこし変わっているので、2週間のうち10日間、1日1回、1回1時間程度、点滴のために外来通院もしくは訪問診療・訪問看護を受ける必要があります。
つまり、針を刺される、活動が制限されるなどのデメリットもあるので、患者、主治医(神経内科医、かかりつけ医)でよく相談の上、開始を決定する必要があると考えています。

私は、「上記の群に入らなくても、患者の希望があればラジカットを使用する」予定にしています。
ただし、データがない群ですので、データ収集し、効果を検証していくつもりです。

他の在宅医の先生が診療にあたっている患者さんでも、定期的にレスパイトケア入院して頂けるのであれば、導入を含めて、ご相談させていただきます。

(重症度分類)
1. 家事・就労はおおむね可能
2. 家事・就労は困難だが、日常生活(身の回りのこと)はおおむね自立
3. 自力で食事、排泄、移動のいずれか一つ以上ができず、日常生活に介助を要する
4. 呼吸困難・痰の喀出困難、あるいは嚥下障害がある
5. 気管切開、非経口的栄養摂取(経管栄養、中心静脈栄養など)、人工呼吸器使用





()
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM