院内研修会(多系統委縮症)

  • 2014.04.24 Thursday
  • 08:00
当院では隔週金曜日に院内研修会を開催しております。
前回は、「カフアシストE70」でした。
今回(4月25日)は、疾患シリーズで2年ぶりの「多系統委縮症」です。

当院では、筋委縮性側索硬化症、パーキンソン病に次いで多い疾患です。

一般的な話に加えて、当院で経験しているケースの話を織り交ぜながらの研修会になります。
MSA1

当院で把握している処置の割合です。
後述しますが、罹病期間がALSと比較すれば長期に渡ることもあり、長期入院するケースが多いのが特徴です。
そのため種々の処置が始まる前に長期入院されてしまい、その後の処置内容がわからないために低くなっている印象があります。

MSA2

罹病期間です。人工呼吸管理例も含めて死亡をイベント発生にしています。
MSAでは、ALSの倍近い罹病期間になります。
罹病期間が11年で、他の論文のデータ(5.5年〜9.9年)と比較しても極端に長いわけではありません。
また今回はデータを提示しませんが、独居例の多いことも特徴です。
通院が出来ない時期に、医療処置が必要がないケースが多いので独居でも自宅での療養が可能で、
当院へ紹介されるケースが多いことが原因と考えます。

MSA3
終了例です。死亡例だけ見れば、50%強の方を自宅で看取っているのですが、MSAの方が入院例が多いのがわかります。
療養の長期化による家族の介護負担や、最初から家族介護力の乏しいケースが多いことが原因と考えています。

それと、MSAの諸症状に対するケアと薬物療法に関して、お話させていただきます。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM