年報(平成25年度):在宅患者(2)「施設」

  • 2014.04.20 Sunday
  • 08:00
当法人は平成12年、介護保険が開始されると同時に介護施設(グループホーム)での診療を開始しています。
当初は、神経内科医と言えども認知症は診断出来ても周辺症状のコントロールを積極的に行っているわけではありませんでした。
平成15年から認知症診療に関する研修等を受けるようになり、平成17年頃からはある程度の自信を持って認知症診療に取り組むことが出来るようになっています。

当院のデータでは、施設患者は自宅患者よりも要介護度は低いことがわかります。
しかし、当院の自宅患者の要介護度や医療依存度が極めて高いので比較すること自体に無理があると思っています。

患者数の推移20→25
平成20年度までは、クリニック分離前から診療していた患者さんを引き継ぐ形で、介護施設の診療を行っていました。
平成21年度以降は、口コミで近隣の介護施設より認知症の周辺症状コントロールが困難なケース、パーキンソン病等の神経難病のケースの依頼が出てくるようになりました。
現在、16ヶ所の介護施設で、1〜22人の診療を担当しています。
施設入所者全員の診療を行っている施設は2ヶ所、当院だけが訪問診療を行っている施設(当院が診療をしていない患者さんは外来通院)は3ヶ所、残りの11ヶ所は複数の在宅医が診療を担当している状況です。

患者像
介護施設で診療を担当させていただいている方々は、圧倒的に認知症の方が多いです。
GHでの認知症の基礎疾患を纏めたデータがあるのですが、特定施設などのデータがないために今回は割愛します。
アルツハイマー病のみの診断基準を満たす方が約40%程度、2つ以上の診断基準を満たす方が約1/3といったところです。
施設では、これまではパーキンソン病等の神経難病患者の診療を行ってきたのですが、平成25年度の特徴は、ALS患者が5人開始されたことです。独居の方が多くなってきたために、自宅での療養継続が困難となったことと、受け入れる施設が出てきたことが大きいと考えています。
患者像2
自宅での診療を担当させていただいている方々と比較すると、平均要介護度は低いものになります。
それでも、患者さんの46%は要介護4か5です。自宅の場合は人工呼吸管理を受けておられる方が多く要介護5の方が50%を超えますので、比較は出来ません。
一般的な在宅クリニックよりは高いと思っているのですが、データを公表しているクリニックが見当たらないので比較しようがありません。
患者像3
平成26年度の診療報酬Q&A(←いつのまにやら厚生労働省のHPから消えていました・・・)で訪問診療が必要な理由を記載しなくても良いとされている「要介護4以上、または認知症鍵幣紂廚乏催する患者さんは65%です。
【愚痴】ここを認めてくれるのなら、今回の診療報酬改定の影響は少なくてすむのですけどね。
当院への診療依頼は、要介護度が低く(要介護1〜3)ても周辺症状コントロールが困難なケースの依頼が多いです。

 

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM