(20131108-09)第1回日本難病医療ネットワーク学会学術集会

  • 2013.10.29 Tuesday
  • 08:00

11月8日(金)〜9日(土)、中之島にある大阪市中央公会堂で
「学会元年を 迎えて多様なニーズ に対応する 支援ネットワークを探る」をテーマに開催されます。
(
http://osakananbyo.jp/gakkai/index.html)

当院は、神経難病医療に関わる医療機関として「日本難病医療ネットワーク研究会」の時代から可能な限り演題の発表を行なってきました。
今年から研究会から学会に代わり、演題も多少様変わりしている印象を持っていますが、在宅の現場から皆さんに知ってほしいと思っている事柄を発表していこうと思っています。

当院からは、

・「レスパイトケアで家族の介護負担は軽減したのか?」

・「在宅気切人工呼吸療法における緊急コールの実態調査から見えてきたもの」

・「筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者のNPPV導入前に我々は何を伝えるべきか?」

の3題を発表します。

また、11月9日のシンポジウム「2次医療圏域の支援ネットワークを構築するために」に
シンポジストとして、当院の泉が登壇し「地域看護・介護の立場から〜レスパイトケア病棟から見えてくること〜」というお話をさせて頂きます。

ご都合が付きましたら、ご参加ください。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM