Suctioning Depth(Care of the Child with a Chronic Tracheostomy)

  • 2013.09.23 Monday
  • 10:00

American Thoracic Societyの学術誌である「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」に2000年に掲載されたものの一部抜粋です

------------------------------------------

Suctioning Depth
Background. 

Shallow suctioning describes the insertion of a catheter just into the hub of the tracheostomy tube to remove secretions the child has coughed to the opening of the tracheostomy tube. 

The premeasured technique involves the use of a catheter with side holes close to the distal end (0.5 cm or less) of the catheter tube; the catheter is inserted to a premeasured depth, with the most distal side holes just exiting the tip of the tracheostomy tube. 

Deep suctioning describes the insertion of the catheter until resistance is met, withdrawing the
catheter slightly before suction is applied.

Animal model studies clearly demonstrate denuded epithelium and inflammation where deep suctioning is routinely performed. 

Abandoning the routine use of deep suctioning has been advocated in the literature for more than a decade, yet practice patterns continue to describe the frequent or exclusive use of deep suctioning by the majority of nurses. 

Injury to the airway can be minimized by using the premeasured technique.

Exact depth of insertion in the premeasured technique is critical to avoid epithelial damage (if inserted too deeply) or inadequate suctioning of the tip of the tracheostomy tube (if not inserted deeply enough). 

A tracheostomy tube, the same size as the one in the child, may be used to measure the exact depth to which the catheter should be inserted. 

The use of premarked catheters is also helpful in assuring accurate insertion depth. 

In children with standard fenestrated tracheostomy tubes, suction catheters may accidentally go through the fenestration. 

If this happens repeatedly, granulation tissue may develop at this site.

Consensus

a.The premeasured technique is recommended for all routine suctioning.

b.The technique should also include twirling or rotating the catheter between the fingers and thumb, not stirring the catheter with the entire hand. 

Twirling the catheter reduces friction, so that the catheter is more easily inserted, and moves the side holes of the catheter in a helix, thereby suctioning secretions off all areas of the tracheostomy tube wall.

c.The use of premarked catheters is strongly recommended to ensure insertion to the proper depth.

d.Special circumstances may necessitate the occasional use of deep suctioning, but this increases the risk of epithelial damage.

----------------------------------------------------------------------------------------------

(拙いものですが、日本語に訳してみました。)

 

吸引の深さ

背景

「浅い吸引(Shallow suctioning)」とは、咳き込んで気管カニューレ開口部まで出てきている喀痰を吸引するために気管カニューレの中央部(hub)まで挿入することと記載されている。

「予め計測してある方法(premeasured technique)」は、先端から0.5cm以内に側孔が開いている吸引チューブを用いる必要がある。吸引チューブの最も遠位にある側孔が気管カニューレの出口から出る深さを予め測定しておき、その深さまで挿入する。

「深い吸引(Deep suctioning)」は抵抗があるまで吸引チューブを挿入し、吸引しながら吸引チューブをゆっくりと引き抜いてくることである。

動物モデルで行われた研究では、深い吸引が日常的に行われている部位では、上皮細胞の剥離と炎症が認められている。

深く吸引することは文献上10年以上前に避けるように提唱されている。

しかし実際には、多くの看護師によって頻回に実行されており、それ以外の方法を取らない看護師も多く居る。

「予め計測してある方法(premeasured technique)」を用いることで、気道損傷を最小限に抑えることが可能である。

「予め計測してある方法(premeasured technique)」であっても、深く挿入しすぎれば上皮を損傷するし、浅ければ十分な吸引ができない。

使用する同一サイズの気管カニューレを用いて、挿入する吸引チューブの深さを測定する。

吸引チューブに予め印をつけておくことは、正確な深さに吸引チューブを挿入するために有効な手段である。

小児で標準的に使用される有孔の気管カニューレでは、時にその孔を通ることがある。

このトラブルが繰り返すようであれば、その部位に肉芽が形成されることがある。

コンセンサス

a.全ての日常的な吸引で「予め計測してある方法(premeasured technique)」が推奨される。

b.吸引では親指とその他の指で吸引チューブを挟んで回し(twirling or rotating)ながら吸引する。

手全体を用いて、吸引チューブを大きく動かしながら吸引しない。

回し(twirling)ながら吸引すると抵抗を減らすことが可能であり、側孔がらせん状に動くことになり、気管カニューレ内のすべての位置にある喀痰を吸引することができる。

c.適切な深さに確実に挿入するために、予め印をつけたカテーテルを使用することが強く推奨されている。

d.特殊な状況では「深い吸引(Deep suctioning)」が必要なことが時にあるが、上皮損傷のリスクが増加することを念頭においておく必要がある。

----------------------------------------------------------------------------------------------

当院では、「premeasured technique」を採用しています。

クルクル回しながら(twirling)吸引することもおすすめしていますが、未だに吸引チューブをグルグル回す指導も見受けられます・・・。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM