SUCTIONING(Care of the Child with a Chronic Tracheostomy)

  • 2013.09.23 Monday
  • 09:00

American Thoracic Societyの学術誌である「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」に2000年に掲載されたものの一部抜粋です。

Care of the Child with a Chronic Tracheostomy」で検索すると全文がダウンロード可能です。

----------------------------------------------------------------------------------------------

SUCTIONING

Maintaining and ensuring a patent airway by suctioning is a vital component of management for a child with a tracheostomy.

Techniques of suctioning are designed to efficiently clear the airway of mucus while avoiding the potential hazards of suctioning.

The techniques described in nursing and respiratory care literature typically give recommendations for suctioning that assume the patient is critically ill and has an artificial airway .

Those recommendations are not specific to a child with a chronic tracheostomy.

Therefore, issues related to the suctioning procedure were reviewed and considered for appropriateness specific to a child with a tracheostomy.

These recommendations would include care for a child at home, school, and in other community settings as well as hospitalbased care.

The consensus recommendations that follow are made to provide the most effective and least traumatic suctioning to a child with a tracheostomy. 

They are distinctly different in some areas from traditional suctioning methods and should be considered in their entirety, since the recommendations are interrelated. 

These recommendations are not to be applied when suctioning a child with an orotracheal or nasotracheal tube.

Clean versus Sterile Technique

Background. 

Sterile technique is defined as the use of a sterile catheter and sterile gloves for each suctioning procedure. 

Clean technique is defined as the use of a clean catheter and nonsterile, disposable gloves or freshly washed, clean hands for the procedure. 

Care is taken not to allow the portion of the catheter that will be inserted in the tracheostomy tube to contact any unclean surface. 

Sterile technique has been the typical method of suctioning in the hospital setting, although this practice is changing toward a modified clean technique (nonsterile gloves and sterile catheters). 

Clean technique is the usual method for suctioning in the home setting.

A typical cleaning procedure for suction catheters might include four steps: 

(1) washing and flushing the used catheters with hot, soapy water, 

(2) disinfecting the catheters by soaking them in a vinegar-and-water solution or a commercial disinfectant, 

(3) rinsing the catheters inside and out with clean water, and 

(4) air drying. 

Minimal research is available in this area. 

Secretions go through the interior of the catheter in one direction only; therefore, the cleanliness of the outside of the catheter is more important than the cleanliness of the internal surface of the catheter. 

However, dried secretions on the internal surface of the catheter will interfere with the ability ofthe catheter to suction optimally.

One study describing a home cleaning technique similar to the above demonstrated that 98% of the catheters had sterile exteriors and 91% had sterile interiors after cleaning.

These catheters were then stored for 20 d and recultured and showed no new bacterial growth. 

The catheters tolerated repeated cleaning cycles without any change in integrity or appearance, except for a mild cloudiness of the plastic.

 Consensus

a.Clean technique is recommended for home care. 

All caregivers should thoroughly wash their hands before and after each suctioning procedure. 

Alcohol or disinfectant foam is an acceptable substitute when soap and water are unavailable for handwashing. 

Nonsterile, disposable gloves should be worn for the protection of any caregiver that is not a family member or by anyone who is concerned about infection.

b.After suctioning is complete, the catheter is flushed with tap water until secretions are cleared from the lumen; the outside of the catheter is then wiped with alcohol and allowed to air dry. 

A hydrogen peroxide flush is useful when particularly adherent secretions are present.

The catheter is then stored in a clean, dry area.

c.Individual catheters can be used as long as the catheter remains intact and allows inspection of removed secretions.

d.There are a number of methods available for more thorough cleaning including commercial products (Control III; Maril Products, Tustin, CA), alcohol, and a vinegarand-water soak. 

There are no data to suggest the frequency of more thorough cleaning or that one method is better than another. 

Methods that do not unnecessarily burden an already busy family should be considered.

----------------------------------------------------------------------------------------------

(拙いものですが、日本語に訳してみました。)

吸引

気管切開を行っている小児にとって、吸引し気道を維持・確保することは、必要不可欠である。

吸引方法は、吸引による潜在的な危険を回避すると同時に、効率的に気道をきれい(clear)にするように計画されている。

看護や呼吸ケアの文献に記載されている典型的な吸引方法は、致死的な状態や人工呼吸管理を受けている患者を想定して、推奨されている。

これらの推奨は、気管切開を行っている小児を対象にしたものではない。

それゆえ、吸引手技に関する諸問題を気管切開を行っている子供に焦点をあててレビューし、考察している。

本稿で提示している推奨は病院でのケアと同様に、自宅、学校、その他のコミュニティーでのケアを含んでいる。

後述するコンセンサスが得られた推奨は、気管切開を行っている小児にとって最も効果的で最も害(traumatic)の少ない吸引方法を提供するために作成されている。

これまでにいくつかの領域から明らか異なる方法が提示されているが、それらの推奨は相互に関連しあっていることもあり、そのすべてを考慮しなければならない。

これらの推奨は、挿管チューブ(経口・経鼻)からの吸引には当てはまりません。


無菌的手技と非無菌的手技(Clean versus Sterile Technique)

背景

無菌的手技(Sterile technique)は、滅菌された吸引チューブと手袋を用いた吸引手技と定義される。

非無菌的手技(Clean technique)は、きれいな(滅菌されている必要はない)吸引チューブを用い、未滅菌の使い捨て手袋、もしくは洗ったばかりのきれいな手で行われた吸引手技と定義される。

ケアする上で、気管切開チューブ内に挿入される部分の吸引チューブは、汚い(unclear)なところへの接触は避ける必要がある。

無菌的手技は病院では最も多く採用されている方法である。しかし実際には未滅菌手袋と滅菌された吸引チューブを使用する「改訂版非無菌的手技(modified clean technique)」が行われていることが多い。

非無菌的手技は在宅ケアでは一般的に用いられている吸引方法である。

吸引チューブをきれい(clean)にする手順は4つの手順を含んでいる。

(1)石鹸水・温水で洗浄する(washing and flushing)

(2)酢水や市販されている消毒薬に浸し消毒する。

(3)吸引チューブの内外を水ですすぐ。

(4)乾燥させる。

この領域は、これまでほとんど研究されてこなかった。

喀痰は吸引チューブの内側を一方向に通る。それゆえ吸引チューブの外側の清潔度は内側の清潔度よりもより重要である。

内腔に乾燥した喀痰が残っている場合には、吸引チューブの性能に影響を与える。

前述したような在宅ケアで行われている洗浄(cleaning)を行なったところ、吸引チューブの外側で98%、内側で91%が無菌であったと記載されている論文が一つだけある。

この吸引チューブは20日間(20 d)保管され、その後に再培養されているが、新たに細菌増殖は認めていなかった。

繰り返し洗浄しても、プラスチックの軽い曇りを除いて、吸引チューブには、傷などはできておらず外観上の変化は無かった。

コンセンサス

a.在宅ケアでは非無菌的手技(Clean Technique)が推奨される。

介護者は吸引の前後で手を洗う必要がある。

手洗いのための水や石鹸がない場合には、アルコールや殺菌用の泡(disinfectant foam)で代用する。

家族でない場合や、感染症が心配な場合は未滅菌の使い捨て手袋を使用する。

b.吸引が完了した後は、吸引チューブの内腔に残っている喀痰を水道水で洗い流す。外側はアルコール綿で拭い、その後空気を通し乾燥させる。

特に粘稠度が高い喀痰の場合には、過酸化水素での洗浄は有効である。

吸引チューブは、きれい(clean)で乾燥(dry)した場所に保管する。

c.個人に使用される吸引チューブは、破損がなく喀痰が除去されている限り使用して良い。

d.吸引チューブをきれいにするために入手可能な商品、アルコール、酢水等がいくつもある。

他の方法と比較して、優位さを示す方法はない。

すでに忙しいと思われる家族に、不必要な負担をかけない方法を考える必要がある。

----------------------------------------------------------------------------------------------

小児在宅患者向けのガイドラインですが、当然成人にも流用できると考えています。

この文献でも在宅では、SterileではなくCleanな手技が推奨されています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM