Suctioning(Care of the Chronic Tracheostomy)

  • 2013.09.23 Monday
  • 08:00

American Association for Respiratory Care(米国呼吸ケア協会)の学術誌である「Respiratory Care」に2006年に掲載されたものの一部抜粋です。

Suctioning

Patients with a chronic tracheostomy generally have increased secretions and require frequent suctioning. 

Removal of secretions is important for maintaining tube patency; however, suctioning can be uncomfortable for the patient. 

For home care, use of a clean catheter and nonsterile disposable gloves, or freshly washed, clean hands is recommended.

Suctioning should be performed as needed, and a fixed schedule is not necessary.

The catheter tip should be inserted just beyond the tip of the tracheostomy tube, suction is applied, and the catheter is rotated as it is pulled back. 

Deep suctioning should not be performed routinely, because it has the potential to cause airway injury.

The patient should receive some highvolume breaths with the ventilator and be well oxygenated before suctioning is performed. 

Closed suction systems are not only as effective as conventional suction catheters, they have the advantages of maintaining oxygenation during suctioning and a lesser chance of becoming contaminated from the environment.

Saline is instilled into the airway during suctioning to loosen secretions, stimulate cough, and to lubricate the catheter. 

However, the routine use of saline for suctioning is not recommended. 

Instillation of saline could lead to a decrease in oxygen saturation and has the potential to dislodge microorganisms from the tube into the lower respiratory tract.

Saline instillation should therefore be used selectively to remove thick and tenacious secretions that are not removed by routine suctioning.

-----------------------------------------------------------------------

(拙いものですが、日本語に訳してみました。)

吸引

気管切開患者は一般的に喀痰が増加し、頻回に喀痰吸引が必要になる。

気管カニューレの狭窄を防ぐために喀痰吸引は必要であるが、患者にとって吸引は不快なものである。

在宅ケアでは、きれいな(clean)な吸引チューブと未滅菌(nonsterile)の使い捨て手袋を使用するか、手を洗って吸引することが推奨されている。

吸引は必要時に実施し、定期的なスケジュールを設定して行う必要はない。

吸引チューブの先端がちょうど気管カニューレの先端の位置にくるように挿入し、回転(rotated)させながら引き抜く。

深い吸引は、気道を損傷させる可能性があるために、日常的には行わない。

吸引を行う前には、高容量での換気や酸素化を行うべきである。

閉鎖式吸引チューブは従来の吸引チューブと同等の吸引を行うことが可能であり、酸素化を維持する効果がある。それに加えて、周囲の環境からの感染を減少させることが可能である。

吸引する際に生理食塩水を注入することは、痰の粘稠度を低下させ、咳を誘発し、吸引チューブ挿入の抵抗を低下させることが出来る。

しかし酸素飽和度を低下させ、細菌が吸引チューブから下気道へ移動する潜在的な可能性があるために、日常的に生理食塩水を注入することは推奨されていない。

生理食塩水の注入は粘稠度の高い(thick and tenacious)喀痰を吸引する場合に、選択的に使用される必要がある。

-----------------------------------------------------------------------

閉鎖式吸引チューブが推奨されていますが、コストの問題で導入は難しいです。

咳嗽の弱い神経筋疾患患者に生理食塩水を注入しても咳嗽が起こらないことが多く、行うメリットは感じません。

Referenceを読んでから当院でも導入するか否かを検討してみたいと思っています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM