鬱病の診断基準(DSM-)

  • 2012.01.01 Sunday
  • 02:00
大うつ病エピソード (Major Depressive Episode)

(A).以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。
これらの症状のうち少なくとも1つは、(1).抑うつ気分、あるいは (2).興味または喜びの喪失である。

(1).その人自身の証言(例:悲しみまたは空虚感を感じる)か、他者の観察(例:涙を流しているように見える)によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分

(2).ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退

(3).食事療法をしていないのに、著しい体重の減少、あるいは体重増加、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加

(4).ほとんど毎日の不眠または睡眠過多

(5).ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止(他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚ではないもの

(6).ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退

(7).ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感

(8).思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる

(9).死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、または自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画


(B).症状は混合性エピソードの基準を満たさない。

(C).症状は、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

(D).症状は、物質(例:乱用薬物、投薬)の直接的な生理学的作用、または一般身体疾患(例:甲状腺機能低下症)によるものではない。

(E).症状は死別反応ではうまく説明されない。すなわち、愛するものを失った後、症状が2ヶ月を超えて続くか、または、著名な機能不全、無価値感への病的なとらわれ、自殺念慮、精神病性の症状、精神運動制止があることで特徴づけられる。

注:明らかに、一般身体疾患、または気分に一致しない妄想または幻覚による症状は含まない。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM