有床診療所におけるレスパイトケア入院はビジネスとして成立するか?(第2報)(9)

  • 2012.10.05 Friday
  • 09:00
【考察】
在宅医療を推進しようとしている状況の中で、在宅医療に熱心な診療所・訪問看護ステーションを中核にして、居宅サービスの整備は進んでいる地域も増加してきている。
当院のある地域では、人工呼吸管理を行なっている患者でも、条件が整えば自宅で過ごすことが可能となっている。

介護保険では、家族の介護負担軽減のためにショートステイは制度化されている。
しかし人工呼吸管理を受けている患者などは、介護に加えて医療処置を家族が行わなければならず、家族の負担はより大きいものであるにもかかわらず、介護施設では対応できないためにショートステイが利用できない現実は、制度面では放置されてきている。

急性期・専門病院を中心にレスパイトケア入院を実施してきていたが、医療保険(診療報酬)で制度化されず、社会的入院に位置づけられていることもあり、レスパイトケア入院から撤退する病院も出てきている。

そこで、病床稼働率の低い有床診療所でレスパイトケア入院受け入れが出来ないかと考え、当院の病棟をモデルとして検討してきた。

現在の診療報酬体系では、有床診療所で神経難病患者のレスパイトケア入院を行うことは経営的視点から考えると不可能である。
Plan Dを行ったところで、当院の病棟部門が黒字化するわけではない。

レスパイトケア入院が必要な患者が継続的に利用できるような、本来の意味でのレスパイトケア機能を維持しながら病棟を維持していくためには、クリニック側は看護・介護業務の見直しによる時間短縮をはかり、その上で診療報酬の増額・新設を働きかけていく必要があると考える。

(Plan B)での、1患者・1日あたりのコストの推定
87530円=74630円(人件費:医師の人件費含む)+8600円(医材料費等)+4300円(地代等)
40730円=27830円(人件費:医師の人件費含む)+8600円(医材料費等)+4300円(地代等)
29540=27830円(人件費:医師の人件費含む)+8600円(医材料費等)+4300円(地代等)

現実の診療報酬とのギャップ
58330円
11530円
10440円

当院をモデルとしたレスパイトケア病棟を維持していくためには、施設基準での制限を設ける必要はあるが、
有床診療所の入院基本料を1000点/日人工呼吸管理料を100点/日の増額。
コミュニケーション支援加算(4500点/日)の新設が必要である。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM