年報(平成25年度):在宅患者(2)「施設」

  • 2014.04.20 Sunday
  • 08:00
当法人は平成12年、介護保険が開始されると同時に介護施設(グループホーム)での診療を開始しています。
当初は、神経内科医と言えども認知症は診断出来ても周辺症状のコントロールを積極的に行っているわけではありませんでした。
平成15年から認知症診療に関する研修等を受けるようになり、平成17年頃からはある程度の自信を持って認知症診療に取り組むことが出来るようになっています。

当院のデータでは、施設患者は自宅患者よりも要介護度は低いことがわかります。
しかし、当院の自宅患者の要介護度や医療依存度が極めて高いので比較すること自体に無理があると思っています。

患者数の推移20→25
平成20年度までは、クリニック分離前から診療していた患者さんを引き継ぐ形で、介護施設の診療を行っていました。
平成21年度以降は、口コミで近隣の介護施設より認知症の周辺症状コントロールが困難なケース、パーキンソン病等の神経難病のケースの依頼が出てくるようになりました。
現在、16ヶ所の介護施設で、1〜22人の診療を担当しています。
施設入所者全員の診療を行っている施設は2ヶ所、当院だけが訪問診療を行っている施設(当院が診療をしていない患者さんは外来通院)は3ヶ所、残りの11ヶ所は複数の在宅医が診療を担当している状況です。

患者像
介護施設で診療を担当させていただいている方々は、圧倒的に認知症の方が多いです。
GHでの認知症の基礎疾患を纏めたデータがあるのですが、特定施設などのデータがないために今回は割愛します。
アルツハイマー病のみの診断基準を満たす方が約40%程度、2つ以上の診断基準を満たす方が約1/3といったところです。
施設では、これまではパーキンソン病等の神経難病患者の診療を行ってきたのですが、平成25年度の特徴は、ALS患者が5人開始されたことです。独居の方が多くなってきたために、自宅での療養継続が困難となったことと、受け入れる施設が出てきたことが大きいと考えています。
患者像2
自宅での診療を担当させていただいている方々と比較すると、平均要介護度は低いものになります。
それでも、患者さんの46%は要介護4か5です。自宅の場合は人工呼吸管理を受けておられる方が多く要介護5の方が50%を超えますので、比較は出来ません。
一般的な在宅クリニックよりは高いと思っているのですが、データを公表しているクリニックが見当たらないので比較しようがありません。
患者像3
平成26年度の診療報酬Q&A(←いつのまにやら厚生労働省のHPから消えていました・・・)で訪問診療が必要な理由を記載しなくても良いとされている「要介護4以上、または認知症鍵幣紂廚乏催する患者さんは65%です。
【愚痴】ここを認めてくれるのなら、今回の診療報酬改定の影響は少なくてすむのですけどね。
当院への診療依頼は、要介護度が低く(要介護1〜3)ても周辺症状コントロールが困難なケースの依頼が多いです。

 

 

年報(平成25年度):在宅患者(1)

  • 2014.04.17 Thursday
  • 17:00
診療報酬改訂や常勤医数減少に伴いデータをまとめる時間がなかなか取れないのですが、毎年やっていることなので今年も纏めを作成しています。

在宅患者数は、364人でした。平成24年度は348人でしたので、4.6%の増加です。
医師数は3.9人(常勤換算)から4.4人(常勤換算)へ増加していますので、個々の医師の負担は軽減されたと考えています。

主病別の患者数です。
患者数25
「神経内科クリニック」なのですが、平成23年度以降、認知症が最も多い疾患になっています。
神経難病ではPD関連疾患が最も多い疾患になりました。ALSが少なくなっただけではなく、PDが増加したことも原因ですが、神経難病内での比率はここ数年変化がありません。

平成24年度から平成25年度にかけての患者数の推移です。
患者数推移
認知症、神経難病は著変なし。昨年度から、在宅専門医としては全般的に診療できる必要があると考え、悪性腫瘍患者も積極的に診療することにしているのですが「神経難病を診るクリニック」として地域で位置づけられてしまっているので、見込みほど患者数は増えませんでした。
大阪北ホームケアクリニックは、悪性腫瘍だけではなく神経難病患者の診療も始めています。

(※)常勤医、非常勤医を募集しておりますので、ご興味をお持ちの方はご一報ください。

レスパイトケア入院年報(1)(平成23年度)

  • 2012.05.30 Wednesday
  • 08:00
病棟稼働日:360日(12月29日〜01月03日は閉鎖)
入院患者数:123人
入院件数:291回(1〜12回/人、平均2.4回/人)
入院日数:3242日(7〜84日/人、平均26.4日/人)
一回の平均入院日数:11.1日(7〜15日)
病床稼働率:60.0%

入院患者の基礎疾患
ゞ攬狃明側索硬化症(ALS) :44人(35.8%)
ALS以外の神経難病      :43人(35.0%)
神経難病以外          :36人(29.3%)

基礎疾患別 入院件数・入院期間
ゞ攬狃明側索硬化症(ALS) 
全入院
入院回数:95回(32.6%)、入院のべ日数:1110日(34.2%)
一人あたり
入院回数:2.2回、入院日数:25.2日

ALS以外の神経難病 
全入院
入院回数:110回(37.8%)、入院のべ日数:1223日(37.7%)
一人あたり
入院回数:2.6回、入院日数:28.4日

神経難病以外
全入院
入院回数:87回(29.9%)、入院のべ日数:909日(28.0%)
一人あたり
入院回数:2.4回、入院日数:25.3日

呼吸管理別 入院件数・入院期間
ゝご廟擲・人工呼吸管理(36人:29.3%) 
全入院
入院回数:81回(27.8%)、入院のべ日数:932日(28.7%)
一人あたり
入院回数:2.3回、入院日数:25.9日

非侵襲的・人工呼吸管理(15人:12.2%) 
全入院
入院回数:36回(12.4%)、入院のべ日数:403日(12.4%)
一人あたり
入院回数:2.4回、入院日数:26.9日

5ご廟擲のみ(22人:17.9%)
全入院
入院回数:68回(23.4%)、入院のべ日数:763日(23.5%)
一人あたり
入院回数:3.1回、入院日数:34.7日

月報(平成24年01月)

  • 2012.02.01 Wednesday
  • 08:00
平成24年01月

(在宅医療)
訪問診療    :569件
往診(日中)    : 45件
往診(夜間)  : 11件(看取り3件)
訪問看護    : 81件
訪問リハ     :126件

開始患者    :  6人(PD 2人、その他の神経難病 1人、認知症 1人、その他 2人)
終了患者    : 9人
 死亡      : 6人(PD 1人、その他の神経難病 1人、認知症 3人、その他 1人)
  在宅     : 3人(その他の神経難病 1人、認知症 2人)
  病院     : 3人(PD 1人、認知症 1人、その他 1人)
 中止      : 3人(PD 1人←長期入院、認知症 2人←施設退所)

(レスパイトケア入院)
入院患者数  : 26人
退院患者数  : 20人
のべ入院数  :256日
人工呼吸管理 :139日
 TV       : 49日
 NPPV    :  30日
管理なし     :177日

(院内研修会)
第19回 認知症  13日)
第20回 認知症◆ 27日)

月報(平成23年12月)

  • 2012.01.01 Sunday
  • 09:00
平成23年12月

(在宅医療)
訪問診療    :592件
往診(日中)    : 27件
往診(夜間)  : 10件(看取り3件)
訪問看護    : 99件
訪問リハ     :119件

開始患者    :  8人(ALS 1人、PD 5人、認知症 2人)
終了患者    : 8人
 死亡      : 7人(ALS 1人、認知症 6人)
 中止      : 1人(MSA 1人←施設入所)

(レスパイトケア入院)
入院患者数  : 22人
退院患者数  : 30人
のべ入院数  :276日
人工呼吸管理 :139日
 TV       :113日
 NPPV    : 26日
管理なし     :137日

(院内研修会)
第17回 高齢者虐待             ( 9日)
第18回 多発性硬化症と視神経脊髄炎 (16日)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM